本文へスキップ

中村天風の心身統一法を学ぶ勉強会

TEL. 070-7542-7883

〒240-0012 横浜市保土ヶ谷区月見台7-14 原方

中村天風と天風会INTRODUCTION

中村天風(なかむら てんぷう)の経歴

中村天風

明治9(1876)年生まれ。
日露戦争の軍事探偵として満蒙で活躍。帰国後、当時不治の病であった肺結核を発病し、心身ともに弱くなったことから人生を深く考え、人生の真理を求めて欧米を遍歴します。
一流の哲学者、宗教家を訪ねるが望む答えを得られず、失意のなか帰国を決意。
その帰路、奇遇にもヨガの聖者と出会いヒマラヤの麓で指導を受け、「自分は大宇宙の力と結びついている強い存在だ」という真理を悟ることで、病を克服し運命を切り拓く。
帰国後は実業界で活躍するが、大正8年、病や煩悶や貧乏などに悩まされている人々を救おうと、自らの体験から“人間の命”の本来の在り方を研究、「心身統一法」を創見し講演活動を始める。
この教えに感銘を受けた政財界など各界の有力者の支持を受け「天風会」を設立。その後50年にわたり教えを説きました。
東郷平八郎、原敬、北村西望、松下幸之助、宇野千代、双葉山、稲盛和夫、広岡達朗など、その影響を受けた人々は多様で、自らの人生、事業経営に天風哲学を活かしている。
昭和43(1968)年、92歳で生涯を閉じました。


心身統一法とは

中村天風

「心身統一法」とは「天風哲学」と呼ばれる宇宙観、生命観、人生観をバックグラウンドにして組み立てられたもので、“いのちの力”を充分に発揮するための中村天風オリジナルの理論と実践論です。
人間の“いのち”を考える時、心と体は別々のものではなく、心と体が一体となって初めて“いのち”を支えることができるのです。
心身統一法ではまず心の態度を積極的にすることを心がけ、それと一体化して体の状態を健全に保つことで、健康で幸福な人生を堂々と歩むことを説いています。
昔から多くの学者、識者、宗教家が、様々な観点から幸福論は多数説いていますが、そのすべては理想論に留まり具体的にどうすれば良いかを語り切れていないという天において「How to say」でした。
中村天風の心身統一法はでは、考え方と同時に具体的な実践方法も説いている点において、今までの幸福論とは異なり、具体的にどうするか「How to do」を示しています。
偉大な“いのちの力”は生まれながら誰にでも与えられているものです。心身統一法はその力を引き出す効果的な技術なのです。


中村天風財団

中村天風財団

中村天風財団は、人間が本来生まれながらにもっている「いのちの力」を発揮する具体的な理論と実践論である「心身統一法」を普及啓蒙している公益法人です。
創立は大正8年(1919年)、中村天風が自らの体験と研究の成果を辻説法という形で人々にうったえかけたことが会のはじまりです。
昭和37年に国より公益性が認められ厚生省(当時)許可の財団法人となり、平成23年に内閣府認定の公益財団法人に移行しました。平成31年(2019年)に創立100周年を迎えました。
中村天風財団では、心身に系統的段階的な訓練を加えることにより、総合的に完全な生命を現実に作り上げる方法を呈示し、人類社会の福祉に貢献する目的をもって努力を重ねております。
今後なお一層人類の真の健康とその幸福を増進するための理論と実践的方法の研究と普及に全力を注ぎ、進んで人類の進化と向上をはかることを理想とするものです。


バナースペース

はまかぜの会

〒240-0012
横浜市保土ヶ谷区月見台7-14 原方

TEL 070-7542-7883